宮古島③ ローカル食堂の魅力

宮古島にはいろいろなお店があって、食事情はかなり充実。

リゾートホテルには高級レストランも各種そろっていて、いろいろな味覚が楽しめますが、わたしが通うのは、安い・早い・うまい!!のローカル食堂です。

沖縄料理おいしいですよね。

毎日食べても飽きません。

ローカル・フードの代表といえば、どこにでもある「宮古そば」が筆頭でしょうか。

あっさりとしたスープに、三枚肉と、ネギとかまぼこ。

どこにでもあるので、各地の食堂をめぐって、好みのスープを見つけるのも楽しいですね。

卓上にカレー粉が常備されているところでは、途中でスープに追加投入して味変します。

そばにもずくがどっさり入っているもずくそば (うどん) も美味しいです。

もずくの天ぷらもさくさく、ジューシイで美味。
お塩でいただきます。

天ぷらはおやつとしても、おかずとしても優秀で、ドライブ中に買い食いすることも。
天ぷらのおすすめはくになか食堂。
ここは宮古そばもおいしいです。

ゴーヤチャンプルー、 ソーミンチャンプルー、豆腐チャンプルー……何を食べても満足。

ラフテーポークたまごも美味しいです。

わたしは前浜ビーチの近くに泊まることが多いので、「ひろちゃん食堂」や「みほりん」に出没することが多いです。

両方とも観光客から大人気のローカル食堂で、夜はいつも混んでいるので予約してからお出かけするといいかもしれません。

空港では、沖縄にしかないA&Wにも必ず寄ってしまいます。

ぜひ、宮古島で沖縄グルメをご満喫ください~!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅の記録
小泉 マーリをフォローする
宇宙図書館 No.9
タイトルとURLをコピーしました