宮古島④ OHAMAテラスの絶景でお茶しよう

宮古島は本島を中心に三本の橋が、四つの島との往来を結んでいます。

来間大橋に結ばれている来間島。

池間大橋に結ばれている池間島。

そして近年にようやく開通した伊良部大橋で結ばれた伊良部島と下地島です。

宮古島はそんなに大きくないので、どこへも車でアクセスできますが、実際に足を踏み入れてみると、すこしずつ雰囲気が異なるので、自分の好きなロケーションを探してみるのも楽しいです。

今はこうして橋が架かり、簡単に車で行き来できるようになりましたが、エンジンなどがない時代は人力の船で必要な時だけ行き来していたのだろうなと想像してみます。

車だと5分か10分であっという間に渡れてしまう島も、昔は行き来する人はおそらく限られていて、そのため、それぞれの島で独自の雰囲気の集落になっていったのだろうと察せられます。島毎に少しずつ異なる方言があるというのもその名残りでしょうね。

それぞれの島には隠れ家のような、ほとんど人の来ないビーチや風光明媚なスポット、素敵な雰囲気のカフェなどがあるので、ドライブしながら発見するのはとても楽しいです。

そして海にかかる橋を渡るときは、子どものようにワクワクします。

橋から眺める宮古ブルーの海は本当に美しいんですね~。

それを眺めたいので、橋を渡るときは運転したくないぐらい(笑)

本島の北に位置するのは池間島です。

池間大橋から見る池間ブルーも、うっとりする美しさですが、池間島に渡ってすぐのところに「OHAMAテラス」と­いう素敵なロケーションのカフェがあります。

ドライブして、たまたま見かけて、立ち寄ってみたら、それはそれは素敵で。

それから宮古島へ行くたびに、一度は遊びに寄らせてもらっています。

池間大橋と池間ブルーの海を眼下に見渡せる絶好のロケーション。

どこを切り取ってもフォトジェニックで、写真を一通り撮ったあとは、時間を忘れて、ただ吹き抜ける風を感じながら、ぼんやりと海を眺めて過ごします。

高台に位置しているので、風が心地よいんですね。

カフェを利用した人は、敷地内のビーチで遊ぶことができます。

ブランコやテーブルもあるので、思い思いに、ゆっくりと波を聴きながら、読書するのも贅沢な過ごし方だと思います。

先日行ったとき(2020年7月末)は、この絶好のロケーションの敷地内に、オン・ザ・ビーチの隠れ家コテージを建設中でした。

もうそろそろオープンするかな?

静かで素敵なロケーションの中でゆっくり過ごしたい……!!という人には、うってつけのステイになりそうです。1度は泊まってみたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅の記録
小泉 マーリをフォローする
宇宙図書館 No.9
タイトルとURLをコピーしました