素晴らしき哉、人生!

今月は、クリスマスにぜひぜひ観てほしい映画をご紹介します。

「素晴らしき哉、人生!」

フランク・キャプラ監督の名作です。

「恩人のジョージ・ベイリーをお救いください」

「友人のジョージを助けてください」」の声……。

みんながお祈りしている雪のクリスマスから物語は始まります。

その声を聞いているのは神様と天使。天使といっても見習いで、おっさんなのですが(笑)

なんだかファンタジーな始まり方ですが、この主人公のジョージ・ベイリーの人生はとてもリアルで、なかなか思い通りにいかず、辛酸をなめることも多いのです。

世界旅行をして、大学へ行き、建築家になる夢を持っていた彼は、父の死により、会社を継ぐことになります。

いろんな運命に翻弄され、いろんなことをあきらめながらも、町の人たちが自分の家を持てるように、良心的な金融会社を経営します。

賢く、愛情深いメアリーを妻にめとり、子ども4人に恵まれたあるクリスマスの日、またも窮地に陥り……。

ジョージは、いろんな犠牲になり、大学をあきらめ弟に行かせ、世界旅行をあきらめ、建築家もあきらめ、新婚旅行もあきらめます。唯一、諦めなかったのは好きな女性と結婚したことだけ。

見ていて歯がゆくなるほどです。自分の生きたい人生を選ばなくていいの?と。

でも、人のために生きたジョージだからこそ、のラストを迎えます。

この人生もいいじゃないの、いや最高の人生かも!

人の生き方は本当に人それぞれあっていいと思えます。

そして、おっさん天使のおかげで、もし自分という人間がいなかったら、世界はどう変わるのか?をジョージは経験します。

ちっぽけだと思っていた自分ひとりの存在が、どれだけ他の人の人生に影響するのかを、眼で見せてくれるのはとてもインパクトがあり、ズシリと心に響きます。

そしてジョージと同じように、いまある幸せに感謝の念が出てくるのです。

ジョージは、この時代のアメリカ人の良心ともいうべき、本当に善人で、その周りの人も善人に描かれています。貸家業のポッター以外は。

いまどきこんな善良な人ばっかりいないよ〜とも言われそうですが、こういうことが今もあることを信じたいし、クリスマスだからこそ、こういうことも信じられる気もします。

あなたのために遣わされた天使もいるかもしれない。

そして、あなたを助け、翼をもらって、リンリンとベルが鳴るクリスマスになりますように。

それも信じさせてくれるような心温まる映画です。

《この映画はこんな人にオススメです》

★自分ばかりが貧乏くじを引いてる気がするな、と思う人

★奇跡を信じたい人

★天使の存在を信じている人

★クリスマスにほっこりしたい人

★周りに文句を言いたくて仕方がない時に

★泣きたい人に

素晴らしき哉、人生!
(Amazonへ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本・映画
ゲストライターをフォローする
宇宙図書館 No.9
タイトルとURLをコピーしました