ベイビー・ドライバー

銀行。
止まるタイヤのアップ。
iPodから流れる音楽。
“ベルボトムズ”

車の音楽に合わせて調子良く歌う若い男性。わかる〜。私と一緒だ〜!

そして始まるカーチェイス。

最近は、あらすじを全く知らずに映画を観るのが好きですが、いきなりテンポよく始まるこの映画は、どこへ連れて行ってくれるのか、ワクワクさせられます。

幼い頃の後遺症である耳鳴りを消すために、音楽を聴きながら生活しているマイルズ。通称ベイビー。

運転するとき、大音量で音楽をかけると覚醒し、天才ドライバーとなります。

彼は仕方なく、犯罪の手助けをしていますが、好きな女の子ができて、犯罪から手を引こうとするのですが……。

このベイビーを演じるのは、現在上映しているスティーブン・スピルバーグの「ウエスト・サイド・ストーリー」でトニーを演じているアンセル・エルゴート。

お肌ツルツルでホントに赤ちゃんみたいで、この役にピッタリ(笑)

「ウエスト・サイド・ストーリー」も観ましたが、もっと若いこの時期にしかできない役だったな、と思います。

この映画には、音楽、カーアクション、恋愛、犯罪、そして家族とのつながり……とあらゆる要素がつまっています。

これだけ入っていると収集つかなくなりそうですが、これがテンポよく、少しユーモラスに、そしてスタイリッシュにまとまっているのです。

これは、たくさんの説明なしに、ベイビーと一緒に私たちも音楽を聴きながら、少しのショットで心情を想像できるから。サントラ版をこれから買います(笑)

これは2017年の作品。撮ったエドガー・ライト監督の最新作「ラストナイト・イン・ソーホー」も昨年末観ましたが、やはり音楽の良い、オシャレなホラー。エンターテイメントとして楽しめました。次の作品が楽しみです。

この監督の作品、今後チェックしてみてくださいね。

ベイビー・ドライバー
(Amazonへ)

《この映画はこんな人にオススメです》

★車が好きな人、カーアクションが好きな人に

★音楽好きな人に

★スカッとしたい時に

★出歩きたい気持ちを発散したい人に

★映画を観て、聴いて本当に楽しみたい人に

★いろんなジャンルの映画をひとつの映画で味わいたい人に

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本・映画
ゲストライターをフォローする
宇宙図書館 No.9
タイトルとURLをコピーしました