失くなった地図

友人とイタリアに行ったときのことです。
雑誌『FIGARO』のイタリア特集についていた地図に、行きたいお店をチェックしたり、書き込んだりしたものを持って行きました。それにはたしか、ローマ、フィレンツェ、ヴェネチア、ミラノの地図がついていたはずです。

ローマ滞在1日目、その地図をフル活用しました。

夜、食事をしていたときに、友人が「地図、見せて」と言いました。
しかし、バッグから地図を取り出そうとしたのですが、見つかりません。

全部の荷物を探してみましたが、ない!!
友人のバッグや荷物も全部みましたが、ありませんでした。

地図が消えた!! なくした!?
あの地図がないと、どこへ行きたいのかが分からないので非常に困ります。

 

ホテルに帰って、あるわけがないけれど、念のためにスーツケースやお部屋のなかも全部、確認しました。しかし、あたりまえですがどこにもありません。

1日目で地図を失くすなんて、本当に最悪……。

きっと、どこかに落としたんだろうね、ということになりました。
そうとしか考えられません。

 

それから1ヶ月後くらいでしょうか。
年末でした。

一緒にイタリアに行った友人から電話がありました。

「まりちゃん、こわい」

「どうした?」と尋ねると

「いまね、大掃除をしてたら『あの地図』が出てきたんだけど」

えーーーー⁈
地図って、まさか、まさかのあれ!?
ローマで失くしたあの地図!?
わたしのせいで失くなったのだと、さんざん責められた「あの地図」ですか!?

「イタリアの地図? なんでーーー? どこから出てきた?」

わたしは、彼女のスーツケースから出てきたんだな、と予想しました。
きっとあの時、友人の持っていた荷物に紛れ込んで、そのままスーツケースにしまわれてしまったのだと。そうとしか考えられない。
「わたしが犯人だった!! ごめんね」って、言う気だな!?

 

「それがね……サンプルでもらった、一度も使っていないバッグから出てきたの!! ありえないよね。どうしてこんなとこから、イタリアで失くした地図が出てくるの?」

ヒェーー!なんと⁈

なんで、なんで、どうして?
それってテレポーテーションってやつ?

半泣きの友人。
なにが起きているのか、怖くてしかたないと……。
これはいったいどういうこと?
ローマで消えた地図が、使っていないバッグから出てきたって、どういうこと?

 

しかもそのバッグは、いただきもので、一度も使ったことがないバッグだと。
確かに怖い。恐ろしすぎる。

「本当にあの地図?」と、重ねて尋ねると
「そう、わたしたちのカキコミもしてあるの。こわいよー」

疑い深いわたしは「あの店に◯してある? あの店には?」と質問攻め。
しかし、どうやら本当にあの地図のようでした。

ローマで失くした地図が、東京の友人宅の使っていないバッグから現れた。
これはどういうことでしょうか?

落としたんじゃなかった。
消えて、移動した。

それとも、ローマで落としたものが、東京に帰ってきた?

もう分からん(笑)

 

そうそう、このとき、わたしたちは「また?」と笑ったのです。
そう「また」なのです。
この友人と一緒にいる時に、何回かこういうことが起きているのです。

不思議なことって、ありますね(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不思議な話
北條 真理をフォローする
宇宙図書館 No.9
タイトルとURLをコピーしました