『せかいいちのねこ』 / 絵と文 ヒグチユウコ

大人気絵本作家? 画家? アーティスト?
ヒグチユウコさんは、絵本作家の枠を超えて、幅広く活躍されています。

色々な企業とコラボされていますね。GUCCIやラデュレともコラボして、作品を手がけられていました。

ヒグチさんの絵が、いかに多くの人に求められているかが分かります。

ヒグチさんがデザインされた商品やパッケージがかわいくて‼
︎絵本だけでなく、色々な商品を買うことができるので、ファンは嬉しいですね。

 

「せかいいちのねこ」は、ヒグチさんの絵本のなかでは、一番有名な作品です。

主人公は、ぬいぐるみのニャンコ。

7歳の男の子が、赤ちゃんのときから、大事にしているぬいぐるみです。
男の子が、もうそろそろ自分に飽きるのではないかと、ニャンコはとても心配。

本物のねこになれば、ずっと男の子に可愛がってもらえると考えたニャンコ。

ねこのヒゲを自分のからだのワタと一緒にすると、本物のねこになれる魔法があることを知りました。

本物のねこになるために、ニャンコは、ヒゲを探しに出かけていきます。

いろいろなねこと出会うことによって、大切なことに気づいていくお話です。

ニャンコは、ヒゲを手にいれて、本物のねこになることができるのでしょうか!?

 

ヒグチさんの絵の魅力は、なんと言ってもシュールなところでしょう。
可愛いんだけど、ちょっと影のある不思議な世界観。

可愛いだけじゃない、独特な雰囲気に、多くの人が惹かれる理由でしょう。

主人公のぬいぐるみのニャンコも、可愛いんですけど、ちょっと不気味なんです。まあるくて、ポチャっとしていて、ヒゲがよれっとしていて、目つきが妙にリアル。

その目で、さまざまな感情を表現するんです。すごいテクニック。

ギューッてしたくなります。

本物のねこたちも、みんな魅力的で、毛並みの描き方のすごさと色使いが美しい‼︎
個性的なキャラクターが勢揃い。

ねこたちが着ているものも、素敵で見ているだけで楽しいのです。

ヒグチユウコワールドにどっぷり浸かってほしい。

もっと大事にされて、愛してもらうためには、自分は変わらなくてはいけないと、ぬいぐるみのニャンコは思いました。

そのために、手に入れないといけないものがあると考えるニャンコ。

わたしもニャンコと同じことをしていることがあります。

誰かと比べてしまって、自分に足りないものを埋めたくなること。
今の自分では、十分に愛されるはずがないと思い込んでいること。

そんな風に思ったり、考えたりする人へのメッセージが、詰まった一冊です。

ニャンコがみつけた答えは、わたしたちの探していた答えでもあるなーと感じます。

せかいいちのねこ

せかいいちのねこ
絵と文 ヒグチユウコ
(Amazonへ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本・映画
北條 真理をフォローする
宇宙図書館 No.9
タイトルとURLをコピーしました