いまの限定された環境のなかでやれる、最大のチャレンジは?

探求の書庫へようこそ

ここは、ひとつのお題に対して、みんなが探求した答えをアーカイブする書庫です。

今回のお題はこちら

いまの限定された環境のなかでやれる、最大のチャレンジは?

 

未央さん

自分とむきあって、自分のために、自分のことばをみつけて 外に向かって表現することをはじめてみたいです。

明さん

自分に素直で正直でいること。シンプルでいること。
役に立とうとしないこと。思ったこと、感じたことを留めずに流していくこと。

亜紀子さん

今までの古い思い込みやパターンを手放して、パートナーシップを深めていくこと。
自分の素直な気持ちを小出しに夫に伝えること。「1人の時間じゃないとできない」と思っていたことを、夫と一緒の時間にひとつずつ試していって、一緒に過ごす時間も1人で過ごす時間と同じように楽しんで過ごせるようになること。

マーリ
マーリ

もうこの限定された環境のなかに適応するということ、そのものがチャレンジでもあるんだけど(笑) 日々のなかに小さな喜びを見つけて頑張っています。せっかくだから、家にいる時間の長い、今だからこそできることをしたいなと思って、10惑星×12ハウスのトランジット全集を作りたいとか、ザビエの土星のテキストまとめたいとか、ここ数年学んできたものをまとめたいとか……棚卸をしてパワーアップしたいです。2020年のうちにどうにかしたいな~!!

ありさん

この春に一つの選択をしました。
その直後、真理さんのボトル探求会に参加。今回の選択は、思考ではなくハートの声に従ったなぁと気付くことができました。まず一つ目のチャレンジは、ハートの声を聞いて動いた自分を褒めて、自分で自分を温かく認めてあげたいと思います。二つ目、時間にゆとりがある今、これまでの学びや遊びを自分なりに統合してみたいです。まだ曖昧ですが、何か表現に繋げていきたいです。

accoさん

時間をかけること、じっくり考えることを自分に許すこと。
いつもは「早く答えを出さなきゃ。とにかく何か動き出さなきゃ」と自分を急かしがちなので、それを止めてみる。と書いてる今も、こんなにのんびりしてて大丈夫なのか!?と内側がザワザワしていますが(笑)今だからこそできる、待つ、委ねる、ということをちょっとやってみようかと思います。
そのためにも自分の声をいちいちノートに書き出してみます。めんどくさいと思っちゃうけど、これもチャレンジだー。

真理
真理

講座やお話会をオンラインでやり始めて、伝えることの面白さと難しさをつくづく感じている。
直接、会って話しているときは、なんとなく伝わっているものが、オンラインではそうはいかない。数年前から「なるだけ少ない言葉でドンピシャなことを表現できるようになりたい」と思っていた。いつかは、わたしが思い描いているそれになれるように、いまチャレンジ中な気がする。感じていることを言語化する。伝えたいことを言葉にする。直接会って伝えられないからこそ、いま磨ける機会だと思う。そして、テレパシーみたいなものも磨きたい(笑)瞬時に受信送信の技。

万里子さん

もしも私がブルー(空や海や地球)を照らす強烈なピンクの光なら。そして、光になれるなら。ピンクだと認めて開き直るチャレンジ。
惜しみなく、丁寧に、激しく、熱く、ひとりひとりのありのままの存在を愛していくこと。
どんな場所であっても、どんな時間であっても、私の身体だけは自由。誰になんと言われても、あなたが大切、あなたは愛される存在だと心を込めて、接していくこと。そして、自分のことも丁寧に。

みよさん

私には、興味あることがたくさんあって、ひとつに絞れない自分は駄目人間だと思ってきました。でも違う。
家で過ごす時間がプレゼントされたことは、大きなチャンス。
この時間を利用して。私にとって快適な環境を整え。人の目を気にせずに。やりたいことにチャレンジして。表現したいことを発信すること。
断捨離、チェロ、絵。星と色などの学び。バレエや自転車を通して身体と向き合う。その中での気づきを発信外していきたい。
やっていることがバラバラに見える。でもいつか。それらは統合されて。私の形が出来ていくのだと信じます。
「焦らず、目の前のことを、ひとつひとつ本気で楽しみ努力する」

yamasanさん

『自分を信頼する』にチャレンジしたいです。
家にいる時間が長くなると、今の自分の現実がはっきり見えてきました。
そこで一番に感じたのは、孤独感でした。そして、よくよく考えてみると、自分の本音を大事にし、表現してこなかったから、今そんな事を感じるのだと言う事がわかりました。
素の自分では受け入れてもらえないと、無意識に思っていたんですね。そう気づくと、いくつかの違和感をずっと感じて頭でかき消しているのを発見しました。
そのままでは、孤独感は時々顔をだす。自分の感情や違和感にOKを出して表現していく事をチャレンジしていきたいです。

 

あなたも「探求の書庫」に、ご自身で見つけた答えを保管しませんか?

次回のお題はこちら

これから先の人生で、何かたったひとつだけ望みが叶うとしたら、何を願いますか?

あなたの答えを300字以内にまとめて、6月10日までに以下の「お題送信フォーム」よりお送りください!!

お題送信フォームはこちらから

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
探求の書庫
小泉 マーリをフォローする
宇宙図書館 No.9
タイトルとURLをコピーしました