ホイアンの旅⑥ 大人のテーラーメイド遊び

レストランにカフェ、バー、おみやげ屋さん、ブティック、雑貨屋さん、アートショップ、スパなどが軒を連ねているホイアンのオールドタウン。

実は好みの洋服を自在に作ってもらえる、テーラーメイドの街でもあるのです!!

スーツやカッコいいワンピースのマネキンを店頭に飾っているお店があれば、それはテーラーメイドのお店。

店内の壁にはぎっしりと布地が陳列してあり、シャツやワンピースもパンツやスーツなどから水着やコートまで、自分好みのデザインに、ぴったりのサイズでオーダーできちゃうんです。

お店がたくさんあるので 迷ってしまいますが、ワンピースやシャツなど、カンタンなものを何店舗かでオーダーして、その仕上がりや価格からお気に入りのところを探してもいいかもしれません。

価格は、どんなスタイルの、どのようなデザインで、どの生地を使うのかによって変わりますが、決して高くないですよ。

わたしがオーダーしたところは、ワンピースを作ってもらって3,000円前後でした。

あとでホテルのお姉さんに見せたら、にやにや笑っていたので、もっと安くなるのかもしれません。

交渉次第では、まとめてオーダーして割引などもできそうです。

オーダーするときは、デザインがはっきりとわかるほうが、仕上がりがキチンとしています。雑誌などの切り抜きを持っていくか、あるいは、手持ちの服を持参して、それをベースにしながら「もっと襟ぐりを広げて」とか「袖をレースでつけて」とか「丈はこれよりも長く」とか「スリット入れて」とか、細かくお願いすると、希望に近いものになるでしょう。

細かくお願いしても、ちゃんとそのように仕上げてくれますし、最終仕上げの前に確認が一度入るので、そこで修正することも可能です。

オーダーはサイズを測ってもらったり、生地を選んだりするので、時間には余裕をもっていくのがいいですね。

うまく伝わっているのか、どんなものに仕上がるのか、ドキドキしますが、とても楽しいやりとりでもあります。

わたしは夏用のコンパクトに折りたためて、どこでもさらっと洗える、綿100%の生地でワンピースを3枚ほど作りましたが、シワになりにくいポリエステルや、高級感がアップするシルクなど、いろいろな生地がありました。

生地の柄はお店によって異なるので、いろいろなお店をまわって、お気に入りの逸品を探してみるのもいいかもしれません。

シルクで頼んでも、綿のものより1,000円ぐらいしか変わらず、シンプルなデザインでも「カシュクールで、Aラインで、ツーピース」など、ちょっと複雑にしても、ほとんど料金が変わらないので、お店の人の目分量なのかな、と思います。

お店でオーダーを聞いて、サイズを測ってくれる、お姉さんたちが、そのままお針子になるので、夕方にオーダーすると、翌日の昼には試着して手直し、夕方には完成します。

夜にオーダーしても翌昼にできているので、夜なべして縫ってるのか!?と思うのですが、縫製が速いのでしょうね~。

なんにせよ、1日で完成するのが嬉しいところです。

スーツやコートだと、もう1日ぐらいかかるかもしれませんが、シャツやワンピースなどは手軽で安価なので、ついハマッて、仕上がりを取りに行くついでに、もう1枚作ってしまったりします。

自分サイズで仕上がるので、既製品よりもずっと着やすくて(余ったり、キツかったりする部分がないので)、身体にフィットするので、キレイに見えるんですよ~。

コレ、ホントにハマると楽しい、大人の遊びだな~と思います。

たとえばホイアンに宿泊するのであれば、初日の夜に夕飯とランタンを観に行きがてら、オールドタウンに出かけた時にオーダー。

翌日の午前はホテルでゆっくり過ごして、昼に試着して、午後はミーソン遺跡かビーチに出かけて、夜に引き取りにいく、みたいなことができます。

さらにホイアンでは洋服のみならず、皮製品のオーダーもできるんです。

どんなデザインで、なにを作るのかにもよりますが、小物だったら2,000円ぐらいから、ロングブーツは6,500円ぐらい。

ハラコのハンドバッグをオーダーして作ってみたのですが、9,500円ぐらいでした。

バッグはもっと安く作れるところもあるのですが、3年保証がついていて、クオリティがもっとも高く仕上がるところでオーダー。結果的にしっかりとした作りで、とても使いやすく、満足度の高い逸品となりました。

バッグも洋服と同じように、デザインから大きさ、表に使う革の種類、ハンドル部分、内張りの布の種類と色、ジッパーの種類など、すべてを細かく決めていきます。

こちらも見本があると便利で、具体的に指示する必要があるので、こんなデザインで、ポケットのサイズは何センチ……と、あらかじめ決めておくといいかもしれません。

わたしはまったく決めていなかったので、ショップのお姉さんの私物のバッグを、サイズもデザインも、そのままマルッとパクらせてもらいました。

そのお姉さんのバッグは大変、人気だそうで、過去に何個も作っているそうです。

100種類ぐらいある革のなかから素材を選ぶのですが、わたしはハラコが欲しくて、黒と迷いましたが、ターコイズに決定。

これはなかなかナイスなチョイスだった思います。ハラコは冬の素材ですが、色が明るいので、秋から冬、春まで、スリーシーズンはイケる仕様です。

ちょうど財布、スマホ、ポーチ、カギなどを入れてぴったりおさまるサイズで、ショルダーもついているので、使いまくっております!!

みなさんもホイアンへ行ったらぜひ、大人のテーラーメイド遊びにチャレンジしてみてくださいね!!

わたしがオーダーしたお店

Bibi silk

Friendly Leather Bags Hoi an

スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅の記録
小泉 マーリをフォローする
宇宙図書館 No.9
タイトルとURLをコピーしました