3月22日生まれの赤毛の女性

噂をすればってことあるじゃないですか⁈
噂をしていたらその人が現れたとか。
そういう類のちょっとびっくりした話です。

ある年の3月21日の出来事です。
ちょうどその年の春分の日だったような気がします。

福岡県の「香椎宮」と「今村天主堂」へ友人に連れて行ってもらいました。
福岡の友人2人とわたしのぶらり旅。

「香椎宮」の鳥居は特徴的です。
門があって、その向こうに鳥居があるのですが、それが「開」に見えるんです。
運が開くと言われるパワースポットとしても有名な神社です。

「香椎宮」でも不思議なことが起きたのですが、それはまた別の機会に書くことにして
次に向かった「今村天主堂」で起きたことについて書いてみたいと思います。

「今村天主堂」は、今という村にあります。
隠れキリシタンの里です。

教会のなかで、わたしが読んでいる本の話をしました。
その本は『待ち望まれし者』という本で、わたしの大好きな本です。
この本の感想もいつか書きますね。

わたしは友人たちに話しました。

「主人公が3月22日生まれの赤毛でね、幻視を見る人なんだよ。物語によるとジャンヌ・ダルクやマグダラのマリアも3月22日生まれで赤毛で、幻視を見ていたんだって」

そしてこうも言いました。

「今日は3月21日で、こんな話をしているということは、もしかしたらわたしたち、明日幻視を見始めたりするのかな?」と3人で笑いました。

そこに1人の女の子が教会のなかに入ってきました。
わたしたちは、ゆっくり過ごせたので、教会を出ました。

車に向かって歩いていると、さっきの女の子が近づいてきて、「今からどちらへ行かれますか?」と話かけてきました。

「今からわたしは福岡空港に送ってもらうんだけど、どうかしましたか?」と答えると

「実はわたし、駅からここまで歩いてきたんです。結構な距離があって……。もしよければ駅まで送ってもらえませんか?」と。

友人は快く「いいですよ。送って行きますよ!」と言いました。

4人で車に乗り込み、車が走り出してすぐのことです。

教会の敷地をまだ出るか出ないかくらいのときに

「わたし明日誕生日なんです」と突然、彼女が言いました。

わたしたちが聞いたわけではなく、彼女がいきなり明日が誕生日だと言いました。

わたしたち3人は、あまりにビックリして固まってしまい、運転をしていた友人が
「明日って、3月22日?」と聞きました。

「はい、明日で20歳になるんです」と明るく言う彼女。
固まるわたしたち3人。

 

3月22日の誕生日の赤毛の人の話をしていたら、本当に3月22日の金髪の女の子が登場した。

彼女は赤毛ではなかったけれど、金髪にしていました。

わたしたちからしたら赤くはないけれど、明るい髪の色をした3月22日生まれの女の
子。

 

なになになに、いったいこのタイミングで登場するって何事???

しかも誕生日とか聞いていないのに、まるでわたしたちの話を聞いていたかのような発言。

でも教会ですれ違いだったから、話を聞いているわけがない。
なんのメッセージ? なんか合図?

わたしは、この子からなにか話を聞かないといけない気がしたので
「マグダラのマリアって知っている?」とか聞いてみました(笑)

 

でも、あっという間に駅に着き
「ありがとうございました!」と彼女は去っていきました。

 

車に残されたわたしたち3人は、ビックリしすぎてしばらく放心状態。
いったい今のはなんだったんだ……。

でも「正解だよ!」て言われた気がしました。

あなたがいま追いかけている謎ときをそのまま続けてって言われているような、そんな気がしたのです。

という3月22日生まれの人の噂をすればの話でした(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
不思議な話
北條 真理をフォローする
宇宙図書館 No.9
タイトルとURLをコピーしました