栗林公園① 名勝で朝粥を

新幹線の岡山駅からマリンライナーに乗り換えて.終点の高松まで、およそ50分ほど。

私はこの路線が大好きで、必ず窓際の席に座ります。

それも空いていたら、指定席1号車のパノラマシートに座っちゃう(笑)

瀬戸大橋を通過するときに見える、瀬戸内海の島々がとても美しいんです。

なんで瀬戸内のしまなみって、あんなに幻想的で美しいのでしょうか。

青い海と、青い空と、群青色の島々。
水彩絵の具で青だけを何度も何度も重ねたかのような美しい光景。

夢のようにボーッと眺めているだけで、しあわせな気分になります。

高松で仕事させてもらう機会をいただいてから、年に2回ぐらい、お邪魔しています。

最近はそのたびに必ず寄るようにしているのが栗林公園

元は高松藩主・松平家の別邸として300年ほど前に作られたものですが、広大な土地に6つの池と13の築山が配された、当時のお殿さまの豪奢な暮らしが偲ばれる公園です。

明治時代から県立公園として一般に公開されるようになり、今では誰もが豪勢な庭園を散策できます。

東京ドーム3.5個分という広い敷地の全部をじっくりまわるには、1時間でも足りません。

庭内の池をめぐっている和船もあり、乗るとお姫様のような優雅な気分になれるかも!?

公園内にはいつかのカフェや茶屋などもあり、地産地消の香川の食材がふんだんに使われたイタリアンがいただけるお店などもあります。

今日、ご紹介する私のお気に入りは花園亭

こちらの茶屋で予約をすると、湖畔に建てられた茶室「泛花亭(はんかてい)」で、朝の7時から10時までのあいだに朝粥がいただけるのです!!

この8人も入れば、満杯になってしまう泛花亭がものすごく素敵で、朝粥も料亭のような品のある美味しさと美しさで、すっごくしあわせな気分になれますよ~!!

トロットロに煮込まれたおかゆの美味しさも身体に染み渡りますし、小鉢や煮物や香の物もひとつひとつが丁寧に作られていて、とても味わい深いんです。

美味しい~!!」と「うつくしい~!!」しか出てこないのですが、それぐらい目にも身体にもやさしく美味しい、ひとときの時間。

眼前にはきらきらと輝く朝の陽光と、目にやさしい緑。清らかな水の流れ。

文化財の庭を臨みながらいただく贅沢な朝のひとときですが、ご予算は1,320円というリーズナブルさ。

こちらは前日までの予約必須ですが、高松にお出かけの予定の方は、ぜひ朝に公園まで足を伸ばしてください!

日常を忘れて、時代を超えたかのような、すてきなひとときを過ごせるはずです。

 

栗林公園
https://www.my-kagawa.jp/ritsuringarden
日の出から日没まで 入場料大人410円

花園亭
https://hanazonotei.web.fc2.com/
朝粥は前日まで要予約 07:00~10:00

スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅の記録
小泉 マーリをフォローする
宇宙図書館 No.9
タイトルとURLをコピーしました