友達の輪 新代恭子さん

わたしたちの楽しみでドキドキのチャレンジ「友達の輪」へようこそ!

普通の毎日を生きる面白い人たち」をクローズアップして、その生き様をご紹介させていただきます。そして、その人から、また別の方へ……ざまざまな個性と魅力に富んだ方々と出会えることを楽しみにしています。

 

第8回目のゲストは、新代恭子さん!!

堀内まりえさんからのご紹介です。

新代さんは香港で知り合ったんですが、マクロビオティックの先生であり、漢方の先生でもあり、私のクライアントさんでもあり、プライベートでも仲の良い方です。香港と大阪で教室をされているんです。

私と比べものにならないくらいパワフルで、フットワーク軽くて、日本でもいろんなところへ行かれてて。易学も勉強されていて、とにかく引き出しが凄すぎて面白いと思います。常に進化している方です。

 

新代恭子

 

真理
真理

お名前といまどんなことをされているかを教えてください

恭子さん
恭子さん

新代恭子です。職業、料理家。食に養うと書いて、食事で体を整えていくことをベースにした料理を目指しています

真理
真理

そのお仕事をされるきっかけがあったんですか?

恭子さん
恭子さん

15年程前に、父が食道ガンになったんですね。それまでわたしは、普通のOLをしていたんですけども、父が研究者ということもあって、抗ガン剤は避けたいと。

 

ガンというのは時間との勝負なので、情報と時間戦ですよね。色々調べながら、どうやったら治るかということを調べていたときに、正食という食事で体を治すということに出会い、わたしが食事を担当する過程で、この世界に引き込まれていったんです

真理
真理

なにかハマるものを感じたんですか?

恭子さん
恭子さん

ちょっと疑ってかかる性質なので、まず自分で体験しようと思って、3年間、結構真面目に。例えば乳製品、牛乳ひとつにしても、牛の血から白い液体になるじゃないですか。牛の血を飲むのが人間に合うかという、宇宙の秩序に則った食事法なんですね。自然の秩序というか。

 

じゃあ牛乳をやめてみようと思ったら、おりものが出なくなった。生理痛がなくなって、生理の血がサラサラになって、鼻炎がなくなった。顎のニキビってホルモン系なんですけど、そこの大きいニキビがなくなったので、これは信じられると。自分で体感して、その世界にのめり込んでいたのですが、父がその途中で亡くなってしまって。もっとやれることがきっとあった、という思いがあり、会社も辞められなかったのが、父の死をきっかけに、もう辞めようと。会社に毎日通うように、その勉強をして15年、いまに至っています

真理
真理

大阪と香港を行き来されていると伺ったんですけど

恭子さん
恭子さん

そうなんです。そこでまりえちゃん (前回のゲスト) とも出会わせていただいて。

 

15年前に正食を始めて、学校へ行き、講師の資格を取って…としているうちに、自分の食事がガラッと変わりますよね。ひとことで言うと難しいんですけど、正食マクロビオティックというか、食養の世界って、陰陽の食事法なんですよ。

 

宇宙のエネルギーは、陰の広がる力と陽の締める力の2つからスパイラルで成り立って物事が派生している、という考え方を末端の調理法で活かすという。

 

自分の体質が陽か陰かとか、世間がどうかとか、野菜のエネルギーはどうなのかとかを考えるんですけど、結局それって宇宙のリズムが陰陽で成り立っているものを判断する力、迷わずにキャッチする力なんです。それを毎日食べる料理や日々のヨガから取り入れて、迷わなく生きるということが、実は裏目標なんですよ。怪しいでしょう(笑) その世界観に変わったんです。

 

新代恭子

 

真理
真理

いつも明晰な感じなんですか?
なにか起きたときに対処の仕方とか

恭子さん
恭子さん

食事法は生活法と言われているので、陰と陽という俯瞰的な視点を上から見るイメージだとこの人は陰だけど、こうだから、こっちでいいとか。この人は陽だけど、どっちもOK! だから最終的にはワンネスな世界というか受け入れる世界になるんです。

 

その人がそのようになっている背景も、お砂糖食べてるし、緩んでるし、まあ、そうやねって。ちょっと梅干し食べたらいいんちゃう?とか。体が整うと、そのあたりもキャッチしやすくなるし、身体に痛みがなかったら、人にも優しくできるし。それを食事からと唱えた天才が何十年前かにいらっしゃって、その人に惚れた感じです。

真理
真理

へぇー、なんていう方ですか?

恭子さん
恭子さん

桜沢如一(さくらざわゆきかず)さんです。ググってみてください(笑) ジョージ・オーサワとも呼ばれます。戦前から5ヶ国語話せた方で、日本人は何を言っても聞かないけれど、外国人から言われると聞くということが、当時から分かっていた方で。食事の大切さを世界から広めようとフランスに渡って、そこで合気道の本を出したのは、この人が初めてだと思います。

真理
真理

おもしろーい!料理だけじゃないんですか

恭子さん
恭子さん

料理は、この人からしたら一部ですね。この人は世界平和運動家で、そのための食事。たぶん戦後に男性という陽性の力がなくなって、悲しみが蔓延するなかで、ちょっと締める料理をいただかないと、みんなが緩んでしまうというか。女、子どもばかりで悲しいなかで、こういう食事を取っていこう、みたいな感じですね。

 

あと小型飛行機の権利を初めて持ってきたとか、ラジオの受信機の権利を初めて持ってきたりとか、シベリアに行ったり、シュバイツァーに会いに行ったり、凄いんですよ、この人の伝記を読むと(笑)

 

 

真理
真理

おもしろーい‼︎

恭子さん
恭子さん

わたしはたまたま病気で出会ったんだけど、この人にのめりこんでしまって、食事は一部というのもすごく納得で。でも食事からじゃないと変わらない。この方がいつも言うのが『盲信するな、確かめろ』なんですよ。考えて、確かめろ、ですね。絶対に自分の言うことすらも信じたらいかん、すべての物事を信じないで確かめろというので、マクロビオティックというと、玄米菜食で茶色いものを食べさせられて……って言うけど、もっと宇宙観がダイナミズムなんです。そこに、めっちゃのめり込んで(笑)

真理
真理

感動がすごく伝わってきます

恭子さん
恭子さん

凄い人です。よく捕まってもいたので、国的には出されへん人なんやろうなと思います。でも凄い人です

真理
真理

凄い人ですね‼︎ 面白い人ですね‼︎ いま聞いているとエドガー・ケーシーの日本人版みたいな感じがしました。

恭子さん
恭子さん

日本人版だと思います‼︎ 生徒さんに言われたんですけど、マクロビオティックというのは、総合大学みたいって。食も環境も経済もすべてその栄養、身体を治すことを含めた学問なので、ひとことで言うのがすごく難しいんですよね

真理
真理

知らないわたしからすると、料理だと思ってました

恭子さん
恭子さん

そうですよね。理(ことわり)をはかるという意味では、料理が理のすべてなので、宇宙の真理の末端やと思うんですよ。宇宙のエネルギー、風のエネルギー、太陽のエネルギーを受けて、身体に同化させて波長に合わせていくというのが料理だと思うので。もっと広い気がするけれど、伝えるのが難しい。言葉にするもどかしさを感じて

 

 

真理
真理

聞いていて感じたのが、こんなに感動するものに出会えて、こんなに感動するものを15年間できていること自体が、なんて幸せで豊かなんだろうと思いました

恭子さん
恭子さん

生き方、迷わない判断力をすごくいただいて、陰陽というだけで、魔法のメガネってよくこの先生も言われているんですけど、羅針盤を持つというか、方向性を迷わずに生きることができる、波に乗るサーファーみたいな気分

真理
真理

いま世の中は、迷っている人がたくさんいると思うんですよ。
そういう方になにか伝えたいことありますか?

恭子さん
恭子さん

ちょっと前に、三浦じゅんさんの「自分なくし」みたいな本を読んだんですよね

真理
真理

友達の輪のインタビューをしていて、三浦じゅんさんの話が出てきたの3人目です(笑)

恭子さん
恭子さん

アハハハ! いまの時期に必要な人なんかな

真理
真理

自分なくしのこと

恭子さん
恭子さん

いま、みなさんが自分を探さなきゃいけないと思ってらっしゃるけど、もっと先をいってらっしゃるので。わたしがいま目標としていることが、無我の料理を作ることなんですね。典座さんて言うんですかね、曹洞宗の人でお料理される方が一番、位が高いんですけど。誰かのためにという、美味しいでしょうとか、綺麗でしょうとか、華やかでしょうとかじゃなく、これ身体に良いでしょうというのも超えた、無の料理が出せるようになるのが、これからの修行だなと思ってるので。芯を持つ必要がそもそもあるのかなっていう感じ

真理
真理

無我から料理を作れるようになるには、なにを大事にしていくことなんでしょうね

 

 

恭子さん
恭子さん

手放す。執着も恐れとかももちろん、感情を手放すのかな。ただ向き合うだけなのかな。切り干し大根のこれ乾燥ぎみやなー、湿気てるなー、どう炒めようかな、火を入れるべきか、水をコトコトするべきかを、ただ向き合うだけ?

真理
真理

たんたんとね、目の前のことをたんたんとするという感じかな。感情を手放すって、おっしゃったじゃないですか。目の前のことよりも揺れ動く感情に囚われやすいですもんね

恭子さん
恭子さん

情ですよね。情の部分。それがなかなかできないから、料理で修行させられるのかと。子どもさんが今日の朝、鼻水が出た、オシッコも多そう、お腹もこわし気味だと冷えてますよね。そしたらなんで冷えたんやろう?って気候を感じて、季節も感じて、あれ、でもそんなに寒くないしなってなったら、昨日何を食べたんやろ、3日前は何食べたんやろというのを感じて、じゃあ今日はこのご飯にしてあげよう、と、そういう世界

真理
真理

子どものことに気づいてあげられなかったわたしがダメなんだ、ではなく

恭子さん
恭子さん

というのを、わたしも気づかされて、もともとマクロビオティックは、昔から先人が、江戸時代から養生訓とかで紡いできたことが形が変わってきているものなので、先生というよりは、伝承者だと思っているんです

 

真理
真理

伝承者

恭子さん
恭子さん

また次の世代に伝えていきたい

 

 

真理
真理

いまはどんなスタイルでされているんですか?

恭子さん
恭子さん

いまは、もともと大阪に正食協会というマクロビを50年以上やっている学校があるんですけど、そこの指導員というか、担当して中級を見ながら、香港でも中級までその教室をしてます

真理
真理

香港にも学校があるんですか?

恭子さん
恭子さん

香港校は、わたしが立ち上げて。小っちゃいんですけど、そこで「アッ」と思ってくださった方が日本で上級まで習って、そこから世界に波及してくれたら、それが世界平和活動だと思うので、わたしはその面白さを伝えてます。陰陽の面白さだとか、砂糖を使わないでもこれだけ美味しいよ、とか。

 

火と水が陰と陽でしょう。それをコトコトさせると波動が生まれるじゃないですか。それを海と山のものという、また別のエネルギーのものを火と水によって合わせることでエネルギーが爆発して、とっても身体を整える料理になりやすいんですよね。そういうのが食養料理なので、そのコトコトを感じて、音とか匂いとかの変化を感じて、結びですよね、食べ物の。

 

それをちょっと病んだ人とかに食べさせると細胞から変わるというのが、みんなのなかに上手く入ってくれて、それを伝える人たちになってくれたら、きっといいというのが、この料理の気がします

真理
真理

一番の目的みたいなものは、桜沢さんと同じなんですか?

恭子さん
恭子さん

父親が病気になり、実はその前に母親も父の10年前くらい前に、脳出血が起きて、ダブル介護の時期があったんですよね。家族がすごく大変なんですよ。病院に行って、顔を見て…という時間が働きながらだと。

 

で、コンビニごはんを食べて、こちらも疲弊してくるとイライラするから、優しくしたいのに病人さんに優しくできないし、こっちが不安になると病人さんに伝わるから、変な話、生きている人間が死ぬ人を作っている気がしたんです

真理
真理

はぁーなるほど

恭子さん
恭子さん

横にいる人間の不安がすごくて。死ぬかもしれないっていうことが死を引き寄せているような気がして。いまとなっては、その気持ちがすごく分かるので。

 

だからそういう「お父さんが病気で」という方が相談に来られると、思いっきり泣いてくださってもいいので「大丈夫よー」って言いながら、食べ物でお手当という、入り玄米を2時間炊いて消化しやすくしたものを食べさせてあげるというのがあるんですけど、お手当することで上手く看取れるというか。「何もできない」じゃなくて「ここまでしてあげた」「十分できたな」と思えるというか。

 

そういう場をもっと作りたいし、10年後ぐらいにお金を貯めて、日本に帰ってきたら、これはまだ全然、夢の話で、実現したらいいなと思っているだけなんですけど、大きなガン病院の近くに、そういうごはん屋さんを作って、看護士さんとかに届けてあげたいんですよ。あと家族の人たちがそこで食べられるご飯があまりにも貧素なので、入院中にお父さんはお粥を食べて、その人たちも似た様なものを食べるとか、ちょっと息抜きできるときに、近くに家族みんなで食べに行ける場があったらいいなーと思って。誰か土地と建物くれへんかんなといつも思ってる

真理
真理

ほんとや!誰かちょうだい!

恭子さん
恭子さん

誰かちょうだい!阪大の近くあたりに(笑)

真理
真理

病気の人たちのための料理を作ってあげたいという話は、よく聞くけれど、看病している人たちのご飯のこと、初めて聞いた気がします。看病する人たちが元気でいてくれることが、死に逝く人たちの願いでもあるんですもんね。なのにそこのケアって、ないですもんね

恭子さん
恭子さん

ないんです。発散するのも他人の前だからできるので。病気の人って匂いもあるし、病院の匂いもあるし、空気もあるし、そこにずっといることって結構辛いんですよね。医療関係者じゃない限り。だからちょっとその人がひとりで息抜きしたい時間も絶対に出てくる。自分もそうだったので。それがスタバのラテを飲むのではなく、というところでしょうかね

 

 

真理
真理

すっごく素敵!

恭子さん
恭子さん

誰か、もう、そんなん考えているから、ほんまに建物とかちょっと分けて‼︎って、そこはちょっと神頼み(笑)

真理
真理

神頼みしましょう!わたしも願います!

恭子さん
恭子さん

こんな話しようと思ってなかったので、なんかビックリした

真理
真理

ごはん屋さんのイメージが浮かんできました。
普段は、香港と大阪と半々の生活なんですか?

恭子さん
恭子さん

本来はそうですね。月の半分が香港で、大阪に戻ってきて、勉強したり学校を担当したりとかもあるので。元々わたしは、香港に行くつもりなかったんですよ

真理
真理

どうして香港に行くことになったんですか?

恭子さん
恭子さん

主人にマクロビオティックを食べるのを強いていたわけですよ。そしたら彼の方がハマってしまって。毎日のお昼ごはん、彼がひとりでマクロビ店を探して食べるようになったんですね。たまたまマクロビ専門店のシェフの方で「50回噛んで食べてくださいよ」って言ってくれるお店があって。噛むということは、ミトロ返しじゃないけど、すごくドロドロしてきて、電磁を生むと言われているんですよね。陰陽のエネルギーが生まれるって。で、ふと閃くことが多くなったんですって。仕事でモヤモヤしていることが、噛んでると「あっ!」と。

 

で、それが続いて、2年くらい経ったときに、ふと仕事を辞めるって言い出したんですよ。ベトナムと香港どっちがいい?という選択肢を持ってきて。わたしとしては、正食協会という学校で担当もしていたし、日本でわりといい感じだったので「うん?」と思ったんですけど、10年くらい父と母の面倒を一緒に見てくれた恩があるので、次は彼の自由な時間に進んでもらいたいと思って。彼も自由にやってみたいというのがあったので、よしそれに付き合おうということで、8年前に香港に。

 

 

真理
真理

ご主人も日本と香港を行ったり来たりされているんですか?

恭子さん
恭子さん

行ったり来たりしてますね

真理
真理

それで香港で立ち上げようということになったんですか?

恭子さん
恭子さん

そうですね。彼は会計士なので1年半くらい会計事務所で働いていたんですが、ふと「もういい、勉強になったわ。もう辞めるわ」みたいなことを言い出して。その頃、わたしは香港の学校を立ち上げたばっかりだったので、初めて旦那に土下座して「わたしを香港に残してくれ」と。あなたは帰ってもいいけど、わたしは学生ビザでも香港に残りたいからとお願いしたら、じゃあ会社を立ち上げてみようということになって、それが通ったら残ろう、ビザが降りなかったら帰ろうと。ビザが降りたので、いまに至る感じです

真理
真理

おもしろーい

恭子さん
恭子さん

委ねました。自分で判断して、こうなりたい!というよりも、来るもの来るもの拒まずにきている感じがします

真理
真理

人生で大事にしていることって、委ねることですか?

恭子さん
恭子さん

うん、世の中のディスりになるかもなんですけど、たとえば夢を描いてみるというのがあるじゃないですか。だけどそれって、自分の思考のなかだけの夢なので、もっと大きい夢が先にあるかもしれないのに、文字で限定しちゃっていいのかなって、すごく思うんです

真理
真理

わたしもそっち派です(笑)

恭子さん
恭子さん

世の中のメモの人ごめんなさい。肉体のアンテナが整っていたら、陰陽の波動でバーッと降ってきているのがキャッチできて、閃くじゃないですか。もっとそういう力に委ねようと。陰陽の十二定義という陰陽のメカニズムを桜沢先生が解いていらっしゃるんですけど。はじめあるものに、終わりありとかね。表大なれば、裏もまた大なりとかね。普通の東洋思想を分かりやすく、易を解いてるので、易学なんですけど。

 

父の病気でマクロビに出会わされているので、どんな不幸があっても転化するエネルギーに変わると信じているんですよね。それは自分の範疇以外のところからきているので、もう委ねようって思っているんです

真理
真理

同じ意見です。わたしたちが判断できることって、ごくごくごく一部

恭子さん
恭子さん

判断力を高めるために、たしかに波動の高いものを食べるとか身体の痛いところを治すくらいしかできへんかなって

真理
真理

そうですね調整くらいしかね。恭子さんの人生のターニングポイントってどこですか?

恭子さん
恭子さん

ターニングポイントがないんですよね。委ねていると

真理
真理

そっかー! 波に乗っかっていくだけだから。お父さんの病気は、ひとつきっかけかなと感じたんですけど

恭子さん
恭子さん

その前に母が病気になったときにも、この手の話を持ってこられてたんですよ

真理
真理

へぇー!

恭子さん
恭子さん

すごく有名な甲田先生という、玄米菜食療法の阪大の先生がいて、その先生のところに母が連れて行かれたり。話はあったのに、その頃のわたしは全然受け入れられなかったんですよね

真理
真理

何が違ったんだろう

 

新代恭子

 

恭子さん
恭子さん

そう!これは、わたしの妄想なんですけど。ほんとはそっちの方向に行くように組み込まれていて、母の病気もあったのにそれさえ気づかなかったので、父の病気という大きなものを与えられたのかなという気がしました。ネタはコロコロ転がっていたことに、後から気づきました

真理
真理

恭子さんの魂の目的みたいなものに向かわせようとするものが、人生でいっぱい起きていたんですね

恭子さん
恭子さん

起きていました

真理
真理

それをスルーして(笑)

恭子さん
恭子さん

めちゃめちゃスルーしていました(笑)

真理
真理

お父さんのことがきっかけで、バーン!とそこに乗っかった感じなんですね

恭子さん
恭子さん

はい。会社勤めしてても、30歳過ぎて会社勤めしていると、まあまあ地位が出来上がってくるし、固執しちゃうんで、会社を辞めるなんてこと考えもしなかったんですよね。父が入院して、会社が終わったあとに毎日、顔を見に行くのもすごくしんどかったのに、でも辞められなかったんです。なのに、父が亡くなってすぐに辞める決断ができたんですよ。もっと早く辞めてたら、もっと余裕をもって父と向き合えたのに、なんでわたしはあのとき辞めなくて、いま辞めたんやろうって。それだけ引き換えというか。一気に思考とか思想とか転じましたね

真理
真理

お父さんの死をきっかけに。ターニングポイントは、常に起きているということですね

恭子さん
恭子さん

そうですね。香港もターニングポイントと言えばターニングポイントですし。きっかけとターニングポイントは一緒な気がします

真理
真理

ですね。そのきっかけに対して、自分がどう乗っていくかということですね。お母さんのときも、ターニングポイントだった可能性があるけど、そのときは乗っからなかったんですもんね

恭子さん
恭子さん

乗っからなかった。乗れなかったんですよね

真理
真理

まりえさん(前回のゲスト)がね、恭子さんの面白いところは、どんなところですか?て聞いたら、言葉にできないくらいすごくパワフルなんですって。あと言葉で表現する力がすごくあって、分かりやすく伝えてくださるって

恭子さん
恭子さん

めっちゃ泣ける、まりえちゃん(泣) 嬉しい!

真理
真理

まりえさんは、説明が苦手なので、ジャイロのことも恭子さんに聞いてくださいって言ってました

恭子さん
恭子さん

もう、わたしにジャイロを語らせたらすごいです。ジャイロがブームになったときに、教室でジャイロの話しかしないくらい、大ブームが起きたことがあったんですね。いまも好きなので日本でもやっているんですけど

真理
真理

なにか感動したら言わずにいられなくなるんですか?

恭子さん
恭子さん

言わずにいれない!
人に伝えたくて仕方なくなるんです

 

 

真理
真理

マクロビやっている人ってたくさんいるじゃないですか。何の世界でもですが、誰から聞くかで全然違うじゃないですか

恭子さん
恭子さん

ジャイロもそうです

真理
真理

ですよね。恭子さんの話を聞いていると、恭子さんから聞きたいと思いました。恭子さんのマクロビの思想とか理念とかをみんな知ったらいいのにって。いま改めて、誰から聞くかって、すごく大事だなと思いました。あたりまえのことなんだけど、誰と出会うかというのも宇宙が用意してくれたギフトでもあるなーと感動しています

恭子さん
恭子さん

まりえちゃんに会ったおかげで、頭で理解していた陰陽が身体に落とし込めたんですよね。ジャイロって、スパイラルだという話を聞いたと思うんですけど

真理
真理

聞いてない……と思います(笑)

恭子さん
恭子さん

えーーーー⁉︎ 聞いてない? 彼女はそこなしにして、何を話したんですかね(笑) ジャイロはスパイラルのキーワードやのに。螺旋運動なのでとにかく解放なんですよ。ヨガとか色々やってみて、ジャイロで感じたのは着地するからこそ上に伸びる力が出てくる。足の裏がこう押すから上にあがるという。膝を前にするから後ろに開けるとか。エネルギーのベクトルが必ず両方に発生するのがジャイロの運動の面白さなんですよね

真理
真理

はじめて聞きました(笑)

恭子さん
恭子さん

ジャイロをしたときにはじめて繋がり。手から頭から足の先から大地まで繋がる宇宙エネルギーを感じるための運動なので、そこですごく身体に落ちたんですよ。陰陽をつい陰やから、陽やからと分離させて見てしまっていた自分が、ジャイロをして、引っ張るからグルグルグルッて、スパイラルも起こるんであって、片方引っ張ったところで、エネルギーは生まれないから必ず、双方向性のエネルギーがあるんやと身体で感じて、ジャイロって面白いってハマったんです

真理
真理

ありがとうございます! まりえさんの記事に入れた方がいいですかね。恭子さん談(笑)

恭子さん
恭子さん

ジャイロの補足。ピラティスは陽性で骨を見るエネルギーなんですよね。ヨガは、精神性の陰なので、同じエクササイズでも、アグレッシュブルな陽の人は、陰性のヨガが向いているし、ちょっとジメジメしたり、芯がなかったりするブレたり人は、ピラティスでまず骨の芯を作りましょうというのが向いているから、それが陰陽で分かれるとしたら、ジャイロは中庸な気がします

真理
真理

面白い!

恭子さん
恭子さん

ジャイロについても熱く語ってしまうんです

真理
真理

良いと思ったものを伝染させていく使命があるのを感じます。ハプニングってありますか?

恭子さん
恭子さん

わたしたちの仕事は、ハプニングがあると怪我になるのでダメなんですよね。火傷とか、手を切ったとか。なので毎日、神棚に怪我がないように。お米が炊けてないとか、美味しくなくできたとか、生徒さんが焦がしたとか。そういう日常のハプニングは、山ほどあるので、でもなるべく怪我がないように無事に美味しくと祈ってます

真理
真理

ご飯が炊けてなかったとか焦げてるというときにはどうするんですか?

恭子さん
恭子さん

最悪、謝ることもあるんですけど。なるべくリカバリーします。ピラフにしたり

 

 

真理
真理

アイディアが出るってことですね

恭子さん
恭子さん

レシピを考えるときに、パソコンで文字起こしで先にレシピを作るんですね。後は、頭に寝かして、投げるんですよ。すると降ってくるので、ある程度ちゃんとレシピを起こしたら、3回で作り上げるって決めているんですね。まず文字起こしで1回目のレシピを作って、あっ、ここはこうしようって2回目で変化させて、3回目でレシピが出来上がるというのが基本なんですけど。5回やっても6回やってもできない、降りてこないときがあるんですよ

真理
真理

うんうん

恭子さん
恭子さん

わたしはだいたい2ヶ月前に、レシピできていないのに、タイトルだけでみなさんにメールで案内するんですよ。なので、それに寄せていくんです(笑)

真理
真理

すごい‼︎

恭子さん
恭子さん

薬膳の知識とかあるので、この体質でこうでこうで、この時期だからこれを作ったらいいというのは、組み込まれているので、それを送って。けど前日までレシピを変えまくったのが一度だけあります。決まらない

真理
真理

決まらない……

恭子さん
恭子さん

うん、気にくわない

真理
真理

気にくわないか。しっくりこない感じ

恭子さん
恭子さん

しっくりこない。頭だけで作ったていう感じの味になるので。時々、神レシピというのが降りてくることがあるんですね。バターもなしにフロランタンを作ったら、ほんとに美味しくできたとか。何百と作ったうちの20くらい神レシピがあるんですよ

真理
真理

すごい‼︎

恭子さん
恭子さん

みんなもすごいって言ってくださるんですけど。そういう風に、ウワッてくるときと、こんなにできへん⁉︎っていうときと、それがハプニング? それはスランプか(笑)

真理
真理

なんの違いですか?

恭子さん
恭子さん

フロランタンは砂糖とバターの量がすごいので、ビーガンで作るとなるとそれを排除して作って8割方、美味しくできたんですよね。でもなんか足りないなー、コク感がちょっと足りないと思ってて。お風呂に入っているときに「大豆」ってピンときたんですよ。豆乳を大さじいっぱいだけ入れて、煮詰めると一気にコク感が出るとか。そういう降ってくる声を待つ感じ

真理
真理

日にちが近づいてくるとドキドキしますよね

恭子さん
恭子さん

ドキドキします。降りてこない!ってなります。でも考えても出てこないので。降りてくるって、わたしは陽性のエネルギーだと思っていて、思考を広げるのは陰性。アイデアが降ってくるのは、点になってピンと降りてくるから陽性だなと勝手に思っているんですね。そういうときって、広い空間とかお風呂とか陰性の状況のときに、陰は陽を引くので

真理
真理

お風呂は陰になるんですか?

恭子さん
恭子さん

緩むし、陰性な状態ですね

真理
真理

わたしもシャワーを浴びているときやトイレで、あっ!て閃いたりします

恭子さん
恭子さん

そうそう、出すのも緩むし、そういうときこそ、入ってきたり降ってきたりするエネルギーがくるなーと思うので。散歩したり広い空間のカフェに行ったり。アイデアが欲しいときは、広いところを意識するし、思考を飛ばしたいなというときは、ちょっとギュッと狭いというか密なところでガヤガヤしているところとか、ちょっと使いわけて

真理
真理

面白い! この話、聞きたい人がたくさんいると思います

恭子さん
恭子さん

恭子論なんで(笑)

真理
真理

さっきの夢の話は、10年くらいを目処に?

恭子さん
恭子さん

それも委ねているので、なんともなんですが

真理
真理

香港と日本の移動どうなんですか?(新型コロナウイルスの影響により)
これから色々変わりそうですね

恭子さん
恭子さん

俯瞰的な視点。香港と日本を行き来するのがしんどい時期があったんですよ。1日かかるしね、あるとき視点を宇宙に飛ばしたら、香港と日本の距離が短いって感じてから、すごく楽になったんです

真理
真理

意識次第ってことですね

恭子さん
恭子さん

何百キロ先と考えるからしんどいけど、2㎝くらいってとこまでいくと、あっ、そんなもんかって(笑) そうなってから行き来が増えたんですよ

真理
真理

実際の距離は変わってないのにね

恭子さん
恭子さん

そうやって意識を変えたときの、コロナの感じってどうなんやろうって、まだ答えは出てないんですけど

真理
真理

ねー

 

 

恭子さん
恭子さん

わたしもともと四柱推命が好きで、易とか、陰陽五行も好きで。薬膳も中医学も全部そうで。その世界であればなんでもいいくらい、東洋思想が好きで。そういうことを勉強してもう長いんですけど、ある先生に「あなた7年後には料理してないわよ」って言われて。えーーーわたしからこの世界を取ったら何が残るんやろうと、こんなに思いもあるんだけど、委ねようと。まだまだ分からない人生なので、決めないでいこうと

真理
真理

楽しみです。では、次のゲストの方をご紹介いただけますか

恭子さん
恭子さん

小橋千珠さん。わたしの布なぷきんデビューを作ってくれたのが彼女なんですね。彼女もマクロビオティックを勉強されていて、10年以上前に試作をいただいて。彼女は自分で作って、みんなに配っていたんですよ。それを使ったときに、こんなに気持ちよくて、生理痛が軽くなるものがあるんだと思って、そこから彼女も布なぷきんを仕事にするようになって。色々な布なぷきんを使ったなかで、彼女の作る布なぷきんに感動したんです。
女性性というか、すごく優しい布なぷきんなんですよ。最近は、ハープ奏者になってしまい。あちこちでハープの演奏をしているんですが、彼女のハープは癒し力がすごいと思います。わたしがエネルギッシュな陽のエネルギーだったら、ものすごく良質な陰のエネルギーを。でも芯はすごくあるという。中に理想の思いがありながら、周りが柔らかい、すごい素敵な憧れる彼女ですね。彼女自身は、女らしいと言われるのを望んでないし、女じゃないんですよね。女性。エネルギーが柔らかいとか、そっちの方です

真理
真理

楽しみです。ありがとうございます

 

 

次回は、布なぷきんとハーブをされている小橋千珠さんです。

恭子さん、どうもありがとうございました‼︎

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
友達の輪
北條 真理をフォローする
宇宙図書館 No.9
タイトルとURLをコピーしました