本と映画の話

本・映画

ボブという名の猫

4月は旅立ちや卒業、新しい環境、と心機一転の季節ですね。 今回ご紹介する映画「ボブという名の猫」は、まさに人生のやり直しに立たされているロンドンの男性のお話。 薬物依存のストリート・ミュージシャンのジェームズは、薬物を断ちたく...
本・映画

ベイビー・ドライバー

銀行。止まるタイヤのアップ。iPodから流れる音楽。"ベルボトムズ" 車の音楽に合わせて調子良く歌う若い男性。わかる〜。私と一緒だ〜! そして始まるカーチェイス。 最近は、あらすじを全く知らずに映画を観るのが好きですが、...
本・映画

エターナル・サンシャイン

ずいぶん経ちましたが、明けましておめでとうございます。新しい一年が始まりましたね。 今日は2月のバレンタイン・デーにぜひ見てほしい映画を紹介します。 奇想天外な映画「マルコヴィッチの穴」の脚本家チャーリー・カウフマンが書いたこ...
本・映画

素晴らしき哉、人生!

今月は、クリスマスにぜひぜひ観てほしい映画をご紹介します。 「素晴らしき哉、人生!」 フランク・キャプラ監督の名作です。 「恩人のジョージ・ベイリーをお救いください」 「友人のジョージを助けてください」」の声……。...
本・映画

シェルブールの雨傘

1957年の11月、港町シェルブールに寒そうに降る雨とカラフルな雨傘で始まるストーリー。今月は有名な「シェルブールの雨傘」のご紹介です。 シェルブールにある傘屋の娘、17歳のジュヌヴィエーヴには愛する恋人ギイがいて、2人はささやかな...
本・映画

丹下左膳余話 百万両の壺

ずっと海外の映画ばかりを紹介してきたのでこのあたりで、日本の映画をひとつご紹介します。 古いモノクロの映画「丹下左膳余話 百万両の壺」 過去に2度観て、今回アマゾン・プライムで3度目を観ましたが、やはり面白い。いい映画は何度観...
本・映画

500日のサマー

「夏が終わる〜😭」ということで、夏=summerを惜しんで、今回はこの映画「500日のサマー」をオススメします。 サマーという女の子と、彼女に恋し、翻弄される男の子トムの、時系列を無視した500日のお話。ラブストーリ...
本・映画

透明人間

毎日、夏らしい暑い日々が続きますね。というわけで、今回は見て、涼しくなる映画「透明人間」をご紹介します。でも心臓の弱い人は見ないでください。これは、めちゃくちゃ怖いホラーというかスリラーです。 映画はセシリア(シー)が、富豪で光学研...
本・映画

はじまりへの旅

ソローの「森の生活」…何度トライしても、最後まで読み切れた試しがない本です。いつかこんな暮らしをしてみたいな、いやできないだろうな〜と読むたびに思うのですが、この本を地で行く、アメリカの森深くで自給自足をする家族、父ベンとその6人の子ども...
本・映画

『揺れ動く今みつけたい私の真ん中』 / 著・Emi

今回ご紹介するのは「揺れ動く今みつけたい私の真ん中」という本です。著者は兵庫県西宮市に拠点を持つ「OURHOME」を主宰されているEmiさん。 Emiさんの習慣や時間の使い方、ファッション、インテリア、暮らし、パートナーシップ、家族...
タイトルとURLをコピーしました