本と映画の話

本・映画

『パパラギ』 / 翻訳者 岡崎照男

ポリネシアのウポル島、酋長ツイアビの演説集です。初版はなんと100年前! パパラギとはサモア語で「空を破ってあらわれた人」を意味し、それは船でやって来た宣教師であり、そして白人のことです。 南の島の酋長ツイアビが、自分自身を通し...
本・映画

『アイ・フィール・プリティー!』

今回は女性に、特に自信がないという人にオススメのコメディ映画「アイ・フィール・プリティー!人生最高のハプニング」をご紹介します。 主人公レネーは、チャイナタウンの地下にある、化粧品会社の通販部門で働いています。彼女の夢は、5番街にある...
本・映画

『Papa told me』 / 著・榛野 なな恵

「Papa told me (パパ トールド ミー) 」をご紹介します。これは『自由で創造的な父子家庭』を目標とする小学生の女の子・知世ちゃんと、作家のお父さんの生活を軸にした、ほのぼの日常&ときどきファンタジーな漫画です。 ...
本・映画

『Viva!公務員』

今日は映画のオススメです。特に人の目が気になる人や、今の仕事を辞めたいと思ってる人にぜひ観てほしい1本。 タイトルは「Viva!公務員」です。 子どもの頃からの夢を叶えて、公務員になった独身男のケッコ。政府の人員削減対象になるも...
本・映画

『a day in the life』 / 著者・安西水丸

この本は、イラストレーターである安西水丸さんが、千倉で過ごした子ども時代や、ニューヨークに暮らしたこと、アトリエや仕事について趣味について書いたエッセイ集です。やさしいタッチの挿絵をつけてあって、いくつかの写真も入っています。 わたし...
本・映画

『海獣の子供』 / 五十嵐大介

海に潜るのが大好きな人や、海の中の生き物に惹かれる人にぜひ読んでもらいたい漫画です。 「海獣の子供」は映画化もされました。漫画と映画どっちを先に観た方がいいのかな……。 わたしは先に漫画を読んでいたので、とにかく映画はワクワクし...
本・映画

『聖なる国、日本』 / 著 エハン・デラヴィ

サブタイトルの『欧米人が憧れた日本人の精神性』というのが本編の内容のすべてを物語っているように思います。 日本という国が培かってきた歴史・文化・風習・宗教・さまざまな道……その中に含まれているスピリチュアリティ=精神性。 外国人...
本・映画

『世界がもし100人の村だったら』 / 池田 香代子 再話 / C.ダクラス・ラミス 対訳

この本を買ったのは、20年近く前です。その頃よりも、さらに世界の人口は増えています。情勢も変わり続けているので、本のなかの数字は今は少し違うかもしれません。イヤ、もしかしたら同じだったりして……。 内容は「世界がもし100人の村だった...
本・映画

『すべての不調は自分で治せる』 / 著 藤川徳美

タイトル通り。またしても健康系の本のご紹介です。 過去にも数冊、健康系の本についても熱く語っております。 私はかなり健康オタクの気があるのですね。 長年フリーで仕事をしていて、替えがきかないため、なるべく休まないようにしよ...
本・映画

『ムゲンのi -アイ-』 / 著 知念実希人

この作品は、わたしのようなファンタジー物が好きな人にオススメの一冊。 ファンタジーとミステリーがミックスされたような作品です。 ですから読み進めながら、ハラハラする謎の解明と妄想の世界とにハマっていくこと間違いなし。上下巻ですが止ま...
タイトルとURLをコピーしました